• shota

高低差、擁壁など問題のある土地を選ばないために


大阪の間地が崩れたニュースが少し前にありました。

そして、今は熱海の土砂崩れのニュースで持ち切りです。

また、建築の審査や基準法が厳しくなるんでしょうか...

私たち建築士にとってはいいニュースだか悪いニュースなのかわからないですね^^;


この擁壁や玉石、間地などは家を建てる際に度々お客様と問題になります。

地盤調査結果を見て建築士の立場から

「杭の検討が必要です」

「安全をみて深基礎にしましょう」

「安息角を取って崖部分から建物を離しましょう」

などの提案をすると度々起こるのが、それを想定してなかったお客様からの驚きや怒りの声だったりします^^;


「知り合いが建てた家は杭なんて打ってなかった!」

「深基礎でこんなに金額がかかるなんて聞いてない!」

「これじゃ思ってたより広さが取れないじゃないか!」

などなど・・・


その土地は世界に一つだけです。

土地の条件や地盤の状態、周りとの高低差も他に同じ土地は一つもありません。

他と全く同じ条件の土地は存在しません。

他でやっていなくてもこの地盤の状態、高低差があれば必要です。

と言わざるを得ない場合も多々あります。


ニュースで安全性がいくら叫ばれて、あのような住宅の崩落画像を見た記憶があっても、実際に自分の家の施工で杭や基礎で金額が上がるとお伝えすると拒絶反応を示す方が多いのが現実です。

お気持ちは十分分かります。

思った以上にお金がかかるのは誰だって嫌ですよね。


でも実は、そこまで見越して土地を買うこともできるんです。

土地を購入した後に建築相談をするから、聞いてない話がたくさん出てきてしまうんです。

不動産業者は不動産の専門であって、建築の専門ではありません。

専門外の不動産の営業さんに聞いても建築する際の問題点などを洗い出すことは不可能です。

そこに家を建築するのであれば、実際に建築する業者や建築士を土地選定の時点で連れて行けば、想定外の土地は除外することが出来ます。

私たち建築士は色々な条件の土地での設計業務の経験があります。

土地を見て役所調査まですれば、普通の家より金額が上がりそうな部分、建築するにあたり気を付けなければいけないところなどは設計前にほぼ洗い出すことが可能です。

役所の調査までしなくても土地を見せてもらうだけでも、これまでの経験からある程度は想定される問題などもざっくりとはお話しすることも可能です。


もちろん、土地の選定の時点で同行してもらったり役所の調査するにはある程度のお金はかかることですし、事前に設計事務所を決めておく必要がありますが、土地の高低差の関係で杭や基礎などの工事で増えてしまう金額に比べたらかかる費用は人件費だけなので微々たるものです。

問題のない安心な土地を選ぶに越したことはありません。


せっかくのマイホームが計画の時点で思った以上に金額が跳ね上がるなんて聞いたらせっかくの楽しい気持ちが意気消沈してしまいますよね^^;


土地の購入相談や役所調査も承っておりますので、お気軽にご相談ください。