• shota

古き良き家


糸魚川にある古民家の現場調査に行ってきました。

築200年という古い古民家を新潟県の糸魚川から神奈川に移築して再生しようというプロジェクトです。

古いものの良さを残しつつ、現在の風を取り入れて再生して使う。

今の時代にもこういう考えの人もいるんだなぁと感心です。

ここに使われいる部材は現在では見る事もない立派な材料が使われています。

材料や作りも興味深かったですが、現場調査をしながら昔の生活が垣間見れる建物でもありました。

床下にはムロがあって、雪深い地域なので冬の間の食料を保存してたんだろうなぁとか

家の真ん中には囲炉裏があって、暖を取ったり料理をしたり、その煙が家にとって良くない虫を寄せ付けなかったり

今の家のように暑い・寒いなどの外的環境から守るような考えの家ではなく、環境に合わせて生活するという考え方の昔の人の知恵が詰まった家でした。

200年経った今でも普通に建っていて、これから先もまだまだ使えるのも納得です。



一通り現場調査が終わって、この現場調査で現地に来ていた富山の工務店の親方に帰る少し前に話しかけられました。


親方「おう!あんちゃん!昨日テレビ見る暇あったか?」

私「いや、今日は朝が早かったんで、昨日は早く寝ちゃいました」

親方「そっか!ワシ昨日テレビ出てたんだで!見てないか~残念だ!」

私「え!?テレビですか!?なんの番組ですか?」


・・・実はこの方、鉄腕ダッシュという番組で何度も出演している知名度のある方だったようで^^;

その日の前日に親方が出てた回の再放送をやっていたようです。

見たかったなぁ~



現在では見る事もないような材料や工法の物を手掛けてる人なので、もちろん技術も一つ抜けてますよね!

そんなすごい人とは思えないぐらい、気さくで話しやすくて飾らない物言いと人柄がテレビでも実務でも好かれるんだろうなぁと感じました。


現場には色々な人との出会いもあります。

色々な建物との出会いがあります。


いつもデスクワークの私たちにとって現場は楽しみの一つです。