​設計プロセス

受付

設計のご依頼をいただいた際は下記の手順で完成までお手伝いさせていただきます

​(新築時のフロー)

1.準備・企画

建築に関する相談を受け

​プランを作成します。

・どのような建築が希望か

・予算はどのぐらいか

・理想の間取りは?

ご希望をどんな事でもご相談ください

相談した内容をもとに、プランを作成します

・敷地の調査・法令チェック

・プラン図の作成

お客様と共に方向性を決め、規模や平面プランを固めつつ、同時に費用の検討も行い、実現に向けて擦り合わせをしていきます

4.着工準備

建築確認申請書等の書類を作成し、確認申請を行います

・建築業者が決まっている場合

設計図を元に見積もりを取ります

その見積もりをチェックして、お客様に説明させていただきます。

(その都度、適切なアドバイスをしながら進めていきます)

・建築業者が決まっていない場合

こちらで業者を手配させていただき、見積を提出してもらいます。

​適正な価格で工事を行ってもらえるように内容のチェックと調整をしていきます

同時に確認申請業務を進め、工事着工の法的な準備を進めていきます

2.基本設計

基本となる図面を作成していきます

画で固まったプランから次のような図面を作成します

・平面図

・断面図

・立面図

・仕上表

間取りの細かい検討、室内の高さ、建物全体の高さを検討、外観の検討、室内の表情を決める内装材の検討など、様々な角度からの検討を行っていきます

​(プランから基本設計を進める前に設計監理契約をお願いしています)

6.工事監理

設計図通りの建物ができるように監理を行います

・工事業者と打ち合わせを行い、細かい部分の検討や技術的な指示をします
・品質保持のため各種検査を行います
建築主の方にも現場を確認していただきながら、工事を進めていきます

​工事とお客様の間で、お客様の立場でプロとしてのアドバイスや工事への指示をさせていただきます

3.実施設計

詳細設計を行い、詳細図面を作成します

建築・構造・電気設備・機械設備・外構等、実際の工事に必要になる図面を作成していきます

室内の様子、窓、ドア等の形状や位置、設備機器の確認、照明器具、冷暖房の方法等の確認や決定

​建築物として完成させるためにさらに詳細な設計・作図を行います

7.完成

建築物完成時に、不都合がないかを検査します

新築については完了検査への立会、設計・監理の立場としての検査を行い、引き渡しに問題がないかをチェックします

​建築物完成後も、アフターメンテナンスを含め随時ご相談を承ります。

高級住宅

設計の進め方