• shota

塔の家(名建築に学ぶ)

更新日:2021年2月10日

名建築に学ぶ

設計者:東 孝光

1933-2015

大阪大学理工学構築工学科卒業

坂倉準三建築研究所

東孝光建築研究所設立


住宅を中心にアイディアに富んだ住宅を数多く手掛けた建築家である。その姿勢は住宅だけにとどまらず集合住宅や公共施設などの設計も手掛けた建築家






塔の家 1995年

東孝光さんの作品の中で一番有名であろう「塔の家」。

この狭小住宅は東さんの自邸です。

建築家の狭小住宅の自邸はちょっと珍しいですよね。

一般の人にはちょっとマニアックかもしれませんが、建築学科に進んだり建築が好きな人であれば一度は耳に目にしたことがある作品です。


現在、東京の扁平な敷地や超狭小地に計画されるような狭小住宅の先駆け、この住宅がなかったら今の狭小住宅の形はなかったんじゃないかと思わせる作りです。

ほんとに今見ても、カッコいい建物ですよね


こんなに狭い敷地なのに、駐車場や住空間などの必要な室を全て満足し、吹抜けや階段の位置などを工夫しながらこの狭さを感じさせない設計手法はとても参考になります。


日本の建築の巨匠、安藤忠雄さんも「塔の家」の影響を強く受けているそうです。

確かに安藤忠雄さんのRCで作る狭小住宅には何か流れのようなものを感じます。



もし、注文住宅を考えている方は、一度はこの間取りに目を通すと考え方が広がると思います。

いかに、狭い空間を上手に使い、広く見せるか。

このことにここまで突出した作品は中々現れないんじゃないかと思います。