• shota

現場監理日記(大和工場)

ホームページをリニューアルして初めてになりますが、たまには今現在設計業務や監理業務をやらせていただいている現場の監理状況の日記を書いてみようかと思います。

神奈川県の大和市にある工場の設計業務を昨年~今年初めにかけてご依頼頂き、設計業務を終えた案件です。

現在、地業工事から始まり、鉄筋工事や仮設工事をしているところです。

当社ではこの工事の監理業務で巡回監理を行っております。



大きい建物なので、実際に工事が始まると住宅とは違いかなり迫力ある現場です。


建物が出来上がってしまうと中々目にすることがないので、地面から下の部分もお見せしちゃいます。

基礎梁と呼ばれる部分です。

この鉄筋の周りに型枠を組んでコンクリートを流し込んで、今後地下で建物を支える大切な構造体になります。


地上に柱が建つ部分の下はこういう風になっています。

この四角い部分に柱を立てて見えている大きなボルトでしっかりと固定します。

現場監督さんがしっかり管理しているので、非常にきれいな現場です。

建物が出来上がってしまうと、柱を固定する部分以外はほぼ見えなくなってしまう部分ですが、これからずっとこの建物を支えてくれるので建物の中でも非常に大切な工程になります。

建物が出来上がるまでしっかり監理をおこなっていきます。