HOME > 開匠の強み > 用途変更を検討中の方へ

用途変更(コンバージョン)を検討中の方へ

用途変更といわれてもピンと来ない方のほうが多いと思います。
おそらく、このページを見ていただいている方の中にも、用途変更を検討しているとった目的で見ている人は少ないかと思います。
用途変更とは、参考写真にあるように建築した当時はその場所にその建物が必要とされていたものが、建築的に老朽化が進んでいるわけでもなく、時代の移り変わりで空き家になったままになっているといった時に用途を変更し、時代にあったものに作り変えるといったものです。
空き家になってしまって、解体を検討しているような建物のオーナー様が解体前にこれを当社の方でおすすめする場合があります。
特に倉庫や工場など、内装がほとんどなく大きなスペースを必要としていた建築物などは、内装を解体する手間や費用が少なく済みます。
このように空き家になってしまった工場や倉庫は用途変更をしてきれいに生まれ変わることで、また新たなニーズに応える用途変更(コンバージョン)に向いています。

立地条件等、この用途変更をお進めするケースはそう多くはありませんが、借り手がつかない状態が続いている店舗や工場などをお持ちでお困りの方は、まずは気軽にご相談ください。


用途変更の実例


前のページに戻る